ホーム お問い合せ サイトマップ

トピックス

HuMA主催 HuMA導入研修(大阪)

2017年11月19日
大阪府済生会千里病院 災害管理棟にて
災害支援に行く時に必須の知識を一緒に学びました。 災害医療にこれから関わっていこうという方、これまでに支援活動など経験されてきた方が参加いただき、活発な議論で盛り上がりました。
詳細は こちら

HuMA共催 日帰り防災キャンプ(兵庫)

2017年11月3日
裏六甲 船坂谷にて
・日本山岳ガイド協会 島田ガイド事務所(東日本大震災や他HuMAミッションでお世話になっています)主催
以前も開催し非常に好評いただいたイベントです。テント設営から薪を集めて火起こし、限られた食材と調理器具での食事作り、地形図を読み解いてハイキングなど、盛りだくさんの防災に役立つ実践的な日帰りキャンプです。HuMAの医師とファーストエイド講習も行いました。
詳細は こちら

ラオスの救急隊に足元から安全を〜水防靴の寄付

2017年4月5日〜8月23日
堺の消防署で集めてくれたたくさんの安全靴をラオスに届けました。
・関係組織:堺市消防局、UPS、サカイ引越センター、富士テクノグローバル、HuMA
ラオスでの救急・災害セミナーにて、彼らと必要なものに関してインタビューを行ったところ、安全のための装備として水防靴のニーズがあることが判明しました。ラオスには公設の救急隊・レスキュー隊はなくボランティア団体が無償で救急活動を行っており、現場にはサンダルなどで出動しているそうです。中古の安全靴835足を届けるにあたり、多くの方々にご協力頂きました。
詳細は こちら

2017年ミニレクチャー「支援者のストレスとその対処法〜こころのメンテナンスを考える〜」を大阪にて開催しました

2017年3月18日
大阪府済生会千里病院 災害管理棟3階会議室5にて
・福森 崇貴 氏(徳島大学大学院総合科学研究部 准教授・徳島大学病院精神科神経科 臨床心理士)
災害や医療現場で患者さんと接する重責や緊張感からかかる強いストレスと上手につき合い、支援者も受益者も幸せになる方法を考えました。ストレスとなる事柄があったとき、身体、考え、感情、行動の4つにわけて分析し、対処するということが勉強になった、という声等が寄せられました。
HuMAミニレクチャーの様子は こちら

2017年テクニカルセミナー「災害時に役立つアロマテラピー」を大阪にて開催しました

2017年1月28日
大阪府済生会千里病院 災害管理棟2階災害対策室にて
・木村 淑子 氏(米国NAHA協会クリニカルアロマセラピスト、アロマトロジスト認定講師、サロン・ド・ルミエールオーナーセラピスト、看護師)
飯舘村ミッション等の経験から、ハンドマッサージなどの触れ合いが被災者の心を開いてくれるきっかけになったり、元気が出る癒しになることを学びました。今回のセミナーでは、アロマテラピストとして活躍中の木村淑子看護師を講師として招き、避難所活動等でも使えるアロマの知識を教えていただきました。
HuMAテクニカルセミナーの様子は こちら

2016年テクニカルセミナー「防災キャンプ」を兵庫にて開催しました

2016年11月20日
兵庫県加西市古法華自然公園キャンプ場にて
・島田 和昭 氏(日本山岳ガイド協会、国立登山研修所講師、好日山荘アドバイザー)
東日本大震災医療支援などでいつもHuMAを支えてくださる日本山岳ガイド協会の方によるフィールドでのトレーニングが行われました。8月の登山スキルセミナー終了時のアンケートで希望の多かった実践、という点を意識した企画で大変好評でした。
HuMAテクニカルセミナーの様子は こちら

2016年テクニカルセミナー「災害時に役立つ登山スキル」を大阪にて開催しました

2016年8月22日
大阪府済生会千里病院 災害管理棟4階講堂にて
・島田 和昭 氏(日本山岳ガイド協会、国立登山研修所講師、好日山荘アドバイザー)
・浅井 悌 氏(HuMA理事、日本山岳ガイド協会、岸和田市民病院集中治療科医師)
東日本大震災医療支援などでいつもHuMAを支えてくださる日本山岳ガイド協会の方とHuMA理事が講義を行いました。登山の中で最悪の事態なども考えながら行動することが、災害時、通常とは違う環境で細心の注意を払って活動する状況につながること等多くのことを教えていただきました。
HuMAテクニカルセミナーの様子は こちら

2016年ICS 研修を大阪にて開催しました

2016年4月24日(日)
大阪府済生会千里病院 災害管理棟4階講堂にて
秋冨慎司先生(防衛医科大学校講師)
防衛医科大学の秋冨慎司先生をお招きして、「Incident command system(ICS)の基本」というタイトルでお話をしていただきました。 ICSの実際として、東日本大震災の際に岩手県庁で災害対策本部を運営された経験を共有していただきました。 現在、HuMAは熊本地震に際し、地域の災害対策本部のサポートを行うにあたり、非常に有意義なお話をいただきました。
HuMA ICS研修の様子は こちら

第12回アジア太平洋災害学会に参加しました

2014年9月17-19日
東京ドームホテルにて
会長 二宮宣文(HuMA常任理事)
 The 12th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine(APCDM)が開催されました。本学会は、災害時の多数発生する傷病者の対応にとどまらず、医学ジャンルとしての学際的な災害医学の確立を目指すとともに、自然災害や人為的災害に対する医療活動、国際的な人道援助を含めた災害対応とその評価など、多方面にわたる活動を行うことを目的としています。
 今回も日本、インドネシア、カナダ、中国、韓国などアジア諸国から多数の医療従事者が参加し、盛会となりました。HuMAからは理事や会員が座長や演者として活発に参加したり、また展示会場ではHuMAはブースを設け、訪れる人々に当会の紹介を行いました。
2014APCDM

様々な国の参加者による講演
2014APCDM

展示会場も賑わった
2014APCDM

HuMAブースを設けました
2014APCDM

ブースには多くの人が訪れた

東京サポートオフィスが移転しました。

2013年8月1日
 平成25年8月をもちまして、三軒茶屋にありました東京サポートオフィスが下記へ移転することとなりました。国内外の活動のさらなる充実をめざして事務局の強化を図ってまいります。
 今後とも当会の活動に御支援・御協力を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
住 所: 〒154-0002
東京都世田谷区下馬1-32-4
アーデルホーフ今井201号室
TEL/FAX: 03-3413-7510
担当者: 徳光一博・新井佐知子 tso@huma.or.jp

HuMAが認定NPO法人として認定されました

2013年4月1日
 昨年2012年4月に改正NPO法により、認定NPO法人取得の所轄庁が国税庁から各自治体(東京都)に変更になったのに伴い、 HuMAでは昨年9月から東京都へ「認定NPO法人」取得のため、 申請手続きをして参りました。
 そしてこのたび2013年4月1日、HuMAは運営組織、事業活動が適正で公益の増進に 寄与する団体として、一定の要件を満たしていると東京都から認められ、正式に認定NPO法人として認定されました。
 今後皆様方からご支援頂く寄付金は、確定申告をすることにより、寄付金控除制度が適用されることになります。皆様方のこれまでのご支援に感謝を申し上げます。

HuMA10周年記念ジャズピアノコンサート

2012年11月24日(土)
大阪市福島区遊音堂にて
 2012年11月24日にHuMA10周年記念ジャズピアノコンサートが開催されました。演奏者はジャズピアニストの小川理子さんで、当日は連休の中日にも関わらず、50数名の多くの皆様が駆けつけて下さいました。
 記念コンサートでは50数名のHuMA会員、一般の方々のご参加があり、募金総額は99,900円になりました。またCD販売で収益金を寄付頂きましたので、合計CD21枚、21,000円のご寄付を頂きました。
2012HuMA10周年記念ジャズピアノコンサート 2012HuMA10周年記念ジャズピアノコンサート
 その後フロアを変えて、HuMAの忘年会を開催致しました。 立食形式にて行いましたが、その後小川さんの演奏により出席者全員で大合唱を行いました。
2012HuMA忘年会の様子 2012HuMA忘年会の様子
 ご協力いただきました小川様、そしてご参加の皆様、誠にありがとうございました!

横浜市港北区トリアージ研修

2012年9月2日(日)
横浜市港北区の港北区役所にて
 横浜市港北区の港北区役所におきまして、2012年9月2日(日)午前に トリアージ研修を実施しました。
 当日は日曜日にもかかわらず、看護師、保健師、職員の方々が総勢33名が集まり、 熱心にトリアージの講義と実習に参加されました。
 ご参加の皆様、誠にありがとうございました!
横浜市港北区トリアージ研修

トリアージの講義の模様
横浜市港北区トリアージ研修

トリアージの実務の説明
横浜市港北区トリアージ研修

実際にトリアージを体験
横浜市港北区トリアージ研修

講評の様子

HuMA10周年チャリティコンサート

2012年6月23日(土)
東京建物八重洲ホールにて
 HuMA総会開催後に、10周年の記念チャリティコンサートが開催されました。
 演奏者はジャズピアニストの小川理子さんで、楽しいトークを 交えながらすばらしいジャズピアノを披露して頂き、参加のHuMA会員の方々、並びに一般参加の方々に大きな感動を与えて下さいました。
 寄付金は計56,586円となりました。ご協力いただきました小川様、ご参加の皆様、誠にありがとうございました!
2012HuMAチャリティコンサート 2012HuMAチャリティコンサート

2011トルコ東部地震先遣隊報告会in大阪

2012年3月14日(日)
富士ビル貸会議室ユーズ・ツウ4階H室にて
 昨年10月から11月にかけて出動した先遣隊の活動については年末に関東地区で報告しましたが、このたび関西での報告会を実施いたしました。
 1999年に1万8千人余りの死者を出したイズミット地震以降、 トルコの災害医療システムはかなり練られた模様で しっかりとした活動が行われていました。 トルコ版DMATといえるUMKE(ウムケ)は、 非常に柔軟性のある組織であり参考にしたい部分が多々あります。
 また先日、先遣隊メンバー看護師がUNHCRの研修(フィールドでのセキュリティーについて等)を受講したのでその報告や、HuMA医師による「HuMAメーリングリストがつないだ岩手県災害対策本部の支援活動」の報告も行いました。
 報告会の後は別会場にて懇親会を開催し、こちらも多数の方々にご参加頂き、活発な意見交換などが行われました。ご参加の皆様、誠にありがとうございました。
PDFをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobeReaderが必要です。
お持ちでない方は、こちらのサイトよりAdobeReaderをダウンロードしてからご利用ください(ダウンロードは無料です)。
Get ADOBE READER

横浜市瀬谷区でトリアージ実習を実施

2011年11月6日(日)
横浜市瀬谷区 瀬谷区役所にて
 瀬谷区役所では今年の2月にも同様のトリアージ研修を実施していますが、 今回は傘下の小中学校の医師、看護師、職員の方々を対象に実施しました。
 HuMA担当理事/山口医師のトリアージについての講義のあと、参加者が実際にトリアージを体験し、災害時の迅速な対応について学ぶことが出来ました。終了後も医師、看護師からは積極的な質疑応答が交わされました。
  また横浜市からは昨年他に鶴見区、西区からもトリアージ研修実施の依頼があり、 横浜市のトリアージに対する認識の高さが伺われます。


市職員よりの開会と議事説明

HuMA山口医師より
トリアージの説明


トリアージ実習の模様


終了後質疑応答

第16回日本集団災害医学会総会 報告
および 宮崎県の霧島連山 新燃岳噴火災害支援募金のご協力の御礼

2011年2月11日(金)・12日(土)
大阪国際交流センターにて
 HuMA展示ブースを設け写真による過去の活動紹介を行い、多くの来訪者にご覧頂きました。初日の夕方には懇親会が催され、HuMAブースにおきましてもワインとスナックが振舞われました。
 また同時にHuMA展示ブースでは、宮崎県の霧島連山・新燃岳噴火の募金活動をさせて頂きました。多くの皆様のご賛同を頂き、誠にありがとうございました。
 募金活動は、2月20日まで継続させて頂きました。ご協力を頂きました皆様ほんとうにありがとうございました。寄付金は、CODE海外災害援助市民センターの被災地NGO恊働センターを通じて送金させて頂きます。
      

ワン・ワールド・フェスティバル

2010年2月6日(土)・7日(日)
大阪国際交流センターにて
 国際協力のお祭りが開催されました!
 HuMAは「2008年ミャンマー・サイクロン復興支援」および「2009年フィリピン台風ケッツアーナ水害被災者医療支援 」の活動紹介を出展しました。多くの方々がブースに来てくださいました。ありがとうございました。

ブース準備完了!

多くの方がHuMAブースに訪れた

京都ジャズチャリティコンサート

2009年12月20日(日)
京都文化博物館にて
 京都の文化博物館にてジャズコンサートが開かれました。このチャリティーコンサートは電通社員の方が企画をしてくださいました。出演者のご好意で、鵜飼理事長がHuMAの活動を紹介し、募金にご協力いただきました。
 6組のグループによるジャズコンサートが開かれ大盛況でした。約350人の聴衆も手を叩いたり身体をゆすったり、足でリズムを取ったりと賑やかな演奏会でした。HuMAからは、理事長のほか関西在住のHuMA会員らがコンサートを一緒に楽しみました。またスポンサーを代表して、吉忠グループの吉田社長さまからHuMAへの寄付の目録を頂戴し、後日、寄付金はHuMAに振り込まれました。皆様、ご支援誠にありがとうございました。

ジャズライブの様子

HuMAの紹介をする理事長

募金に協力していただいた

吉田社長から目録

海外災害援助市民センター(CODE)
ミャンマーナルギスHuMA救援プロジェクト報告会in神戸

2009年3月19日(木)
海外災害援助市民センター(CODE)にて
 鵜飼理事長がHuMAミャンマー・サイクロン被災者支援プロジェクト活動を報告しました。ミャンマー・サイクロン「ナルギス」の説明から始まり、活動の内容や流れ、そしてその成果を報告しました。
 CODE様からの多大なご支援を賜り、当初想定していなかった、村人のニーズが高い井戸建設を行うことが出来ました。ここに厚く御礼申し上げます。

ジャパン・プラットフォーム活動報告会
ミャンマー・サイクロンと中国・四川地震被災者支援報告会in関西

2009年1月23日(金) 
大阪大学 中ノ島センターにて
 HuMAミャンマー・サイクロン被災者支援プロジェクトの進行状況を報告しました。
 ミャンマーの研究をしておられる国立民族学博物館の方、前JETROヤンゴン事務所長、中国人の大阪大学の先生など多彩な顔ぶれもあり非常に雰囲気の良い報告会でした。
PDFをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobeReaderが必要です。
お持ちでない方は、こちらのサイトよりAdobeReaderをダウンロードしてからご利用ください(ダウンロードは無料です)。
Get ADOBE READER

IAHM学会のAnnouncement

2008年1月21日(月)〜23日(水) 
Institute for International Cooperation(新宿)にて
 IAHM (International Association for Humanitarian Medicine) 国際会議開催をHuMAが担当しました。世界各国から災害医療のエキスパートが集まり、会議は盛況の後終了いたしました。
 IAHM:詳しくは→http://www.iahm.org/eng/home.htm
IAHM国際会議 詳細はこちら

Excellence in Disaster Management賞を受賞しました。

2007年5月14日
オランダ/アムステルダムにて
 第15回世界災害医学会(WADEM)にて、本年度から設けられたExcellence in Disaster Management賞を、他の国際NGOに先駆けて受賞しました。
受賞記念品 受賞記念品

タムリンヘルスケアグループと覚書を交わしました。

2006年11月
 2006年6月のインドネシア・ジャワ島中部地震の際に、現地インドネシアのカウンターパートであったタムリンヘルスケアグループと今後の協力について覚書を交わしました。今後、人道援助のほか、人材育成などでも協力体制をとることとなります。
PDFをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobeReaderが必要です。
お持ちでない方は、こちらのサイトよりAdobeReaderをダウンロードしてからご利用ください(ダウンロードは無料です)。
Get ADOBE READER
 
このページのTopへ
Copyright 2003 Humanitarian Medical Assistance all right reserved.