ホーム お問い合せ サイトマップ

HuMAの活動 - 災害支援活動

2017ミャンマー避難民人道医療支援のための初動調査

ミャンマーの西部地域に住む住民はミャンマー政府から迫害を受け、隣国バングラデシュへ避難を開始し、その避難住民はおよそ50万人近くに上っている模様です。HuMAは初動調査隊を現地に11月11日より派遣し、今後の医療支援活動のニーズ調査、また現地での医療活動の状況等を調査し、避難所などにおける次期本隊の必要性・可能性のチェックを重点的に行いました。

2017福岡・大分豪雨被災者に対する保健・医療ニーズの調査
福岡県朝倉郡東峰村における避難所運営支援事業

九州が記録的な豪雨に見舞われ、多くの避難者が発生している大分県、福岡県に対して、7月7日早朝からHuMAは医師2人を派遣しました。被災地のニーズに沿った支援を調査し、その結果7月11日より看護師2名を福岡県東峰村に送りました。

JICA2016年度市民参加協力事業 バヌアツ国エフアテ島医療能力向上プロジェクト事前準備調査

2015年バヌアツ サイクロン・パム被災者医療支援を機に、保健、医療を担っているバヌアツのナースの継続的な支援を検討して参りました。 JICAの後押しもいただき、バヌアツのこれからの保健、医療のためにHuMAができることは何か、現地での調査を9月1日からの8日間で行いました。

平成28年熊本地震支援

2016年4月14日21時26分頃に、熊本県熊本地方を震源とする最大震度7の地震が発生しました。長期にわたる余震で地震そのものは終息せず災害急性期は続いていました。HuMAは亜急性期の医療支援も視野に入れ、派遣のタイミングを検討しておりましたが、4月22日〜5月26日の約1か月にわたり初動調査チーム・医療チームを派遣しました。また7月には現地再訪をし医療支援評価を行いました。

2015常総市豪雨災害に対する看護支援

2015年9月に茨城県常総市で、鬼怒川堤防決壊による豪雨水害が発生しました。そこでHuMAでは常総市水害対応NPO連絡会議に連携を取り、避難所へ看護師を派遣し、避難されている方々の健康管理などの支援を行いました。

2015ネパール中部地震被災者医療支援

2015年4月25日、ネパールでマグニチュード7.9の地震が発生しました。HuMAとしては外国の医療チームが引き潮となる地震発生後1か月頃の亜急性期に医療チーム派遣が出来ないか初動調査隊を派遣し、調査や調整の結果、5月9日より約1か月、医療チームを派遣しました。

2015バヌアツ サイクロン・パム被災者医療支援

2015年3月14日南太平洋のバヌアツ共和国をサイクロン・パムが直撃し、被災者13万人、避難住民は15万人近く、地域の90%以上の建物が破壊されるという甚大な被害が発生しました。HuMAはジャパン・プラットフォーム(JPF)の支援を受け、3月21日から30日に初動調査隊を派遣し、その調査の結果、3月27日から約1か月、医療チームを派遣しました。

2013-2014フィリピン台風ハイエン被災者医療支援

2013年11月7-8日に台風30号ハイエンは、フィリピン中部のレイテ島やセブ島等を含む島嶼地域を横断し、暴風雨・高潮・洪水・土砂崩れ等に因る被害をもたらしました。台風が通過した地域の70〜80%の建物が破壊され、避難所も充分機能していない中被災住民は壊れた建物での生活を余儀なくされていました。HuMAはジャパン・プラットフォーム(JPF)の支援を受け、11月14日から27日の14日間、初動調査隊を派遣し、その調査の結果、2013年11月25日から約1か月、医療チームを派遣しました。 また2014年には評価活動も行っております。

2012-2017東日本大震災被災者医療支援 〜大槌町児童自然体験活動支援事業〜

東日本大震災で被災した岩手県大槌町の児童を自然体験活動に招待することで、児童とその保護者・町内教育関係者の復興支援を目的として開始されました。これまで共催団体として参加していましたが、2017年度はHuMAが主催し、東北マウンテンガイドネットワークが共催者となります。

2012-2016東日本大震災被災者医療支援 〜福島県飯舘村での健康増進活動事業〜

東日本大震災から1年以上が経過しました。この度同じNGOであるBHNテレコム支援協議会(BHN)からHuMAに呼びかけがあり、BHNが支援を行っている福島県飯舘村での健康増進活動にHuMAが協力する運びとなりました。

2012-2013フィリピン台風ボーファ被災者医療支援

2012年12月、フィリピン南部ミンダナオ島を襲った台風ボーファは被災者620万人、死者行方不明者1,800名以上を出し、避難住民は80万人近くに上りました。 HuMAはジャパン・プラットフォーム(JPF)の支援を受け、12月22日から30日の9日間、初動調査隊を派遣し、その調査の結果、2013年1月1日から31日まで医療チームを派遣しました。

2011トルコ東部地震初動調査

2011年10月23日午後、トルコ東部ワンでマグニチュード7.2の地震によって、ワン周辺など複数の街で建物が倒壊し甚大な被害が発生しました。 HuMAはジャパン・プラットフォーム(JPF)の支援を受け、10月30日から11月6日の8日間、初動チームを派遣しました。

2011東日本大震災被災者医療支援

2011年3月11日に東北地方を襲ったマグニチュード9.0の巨大地震によって、岩手県、宮城県、福島県の太平洋沿岸には大津波が襲い各地に甚大な被害を与えました。この地震と津波の影響により避難所に避難している被災住民は劣悪な状況下に置かれました。HuMAは現地調査を行い、ジャパン・プラットフォーム(JPF)の支援開始を受け3月22日から医療チームを派遣しました。

2010パキスタン水害被災者医療支援

2010年7月25日から降り続いている大雨により、パキスタン北西部では大規模な洪水が発生し大きな被害を受けました。そこでHuMAは現地調査を行い、結果、ジャパン・プラットフォーム(JPF)の支援開始を受け9月3日から30日まで医療チームを派遣しました。

パシフィック・パートナーシップ2010
 ベトナムとカンボジアにおけるアメリカ軍、自衛隊との共同医療支援

HuMAは自衛隊と協力し「パシフィック・パートナーシップ2010」という名前のもと、アジア太平洋地域での友好と医療協力に寄与するため、ベトナムとカンボジアにおいて自衛隊医官と共に医療支援活動を実施しました。

2010チリ地震被災者支援のための初動調査

2010年2月27日に南米チリを襲った地震は、700人以上の死者と多くの行方不明者を出しました。
HuMAはジャパンプラットフォーム(JPF)およびNGO ICA文化事業協会と、必要な支援を検討するため現地にて調査を開始しました。

2010ミャンマー・サイクロン復興支援

2008年に引き続き、モラミンジュン・タウンシップ内の新たな8村において井戸掘削事業の支援を行うこととしました。2010年2月10日から3回に分けて5月末まで、清潔な上水の供給源としての井戸掘削およびその支援を行うと共に、井戸を供給することに伴う住民たちの健康や生活状況の改善、井戸の水質変化の調査など疫学的な調査を合わせて行いました。

2009フィリピン台風ケッツアーナ被災者医療支援

2009年9月26日、フィリピンルソン島を襲った台風16号により、マニラ市内の80%が洪水被害を受けました。
HuMAは10月2日より初動調査を行い、結果、保健省と共に10月9日から約1か月間、医療活動を実施しました。

2008ミャンマー・サイクロン復興支援

2008年5月3日未明(現地時間)にミャンマー連邦の南部を大型サイクロン「ナルギス」(Nargis)が直撃しました。
HuMAでは国際機関、現地カウンターパートと被災者支援を開始しました。

2007-2008ケニア・ソマリア難民医療支援

1988年から91年にソマリア北東部で勃発した内戦により、多くのソマリア人が周辺国に脱出し、現在もなお難民キャンプでの生活を強いられています。
HuMAはケニアのダダーブ(ナイロビから約500Km東方)にあるソマリア人難民キャンプで医療支援活動をしました。

2006インドネシアジャワ島中部地震緊急医療支援

インドネシア ジャワ島中部で2006年5月27日早朝に強い地震があり、死傷者が多数発生しました。
HuMAはこの大規模地震災害に対して緊急医療支援を行いました。

2005パキスタン地震緊急医療支援

2005年10月パキスタン北部のバタグラムで医療支援活動を行いました。

2005スマトラ島沖地震・津波災害 スリランカ緊急医療支援

2004年12月26日にインドネシア・スマトラ島沖で発生した地震、津波によるインド洋周辺諸国の被災者の皆様にお見舞い申し上げます。 HuMAではこの災害による被災者に対する緊急医療支援活動を実施しました。

2004新潟中越地震災害緊急医療支援

2004年10月23日(土)17時56分 新潟県中越地方にて震度6強 M6.8の地震が発生しました。その直後17時59分 震度5強、18時11分 震度6弱、18時34分震度6強と続けて余震が発生しました。HuMAは医師を派遣し、必要物品を寄付しました。

2004イラン・バム地震復興支援

2003年12月26日、人口約12万人のイラン南東部ケルマン州バム市でM6.3の地震が起こりました。HuMAはNGO海外災害援助市民センター((CODE)の協力を得て、バム市中心部にプレハブ式保健所兼診療所を建設し、保健・衛生の改善に協力しました。

2003イラク危機難民医療支援

2003年 HuMAはジャパンプラットフォームの下でBHNや難民を助ける会と協力して人道的医療支援を行ないました。2003年5月末でHuMAとしての活動を終わり、JENに引き継ぎました。その後、現地に事業を移管しました。
移管先の決定に当たっては、上記合同チームとヨルダン政府ならびに国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と数次にわたる折衝が行われ、現在の事業に携わる現地雇用スタッフと資機材、医薬品を含め、事業全体を引き継ぐことが合意されました。また、日本側の医師は難民の患者ひとりひとりに対面し、移管先の医師に対し、カルテを踏まえ病状を確認しながら、引継ぎを行いました。移管に際しては、難民の方々、現地の国際援助機関、現地政府等からジャパン・プラットフォームの行ってきた緊急医療支援事業に対する高い評価が寄せられました。
YKK AP 協力:YKK AP(株)
ヨルダンではYKK AP(株)がテント一張を提供してくれました。
PDFをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobeReaderが必要です。
お持ちでない方は、こちらのサイトよりAdobeReaderをダウンロードしてからご利用ください(ダウンロードは無料です)。
Get ADOBE READER
このページのTopへ
Copyright 2003 Humanitarian Medical Assistance all right reserved.