ホーム お問い合せ サイトマップ

HuMAの活動
パシフィック・パートナーシップ2010医療支援
〜ベトナムとカンボジアにおけるアメリカ軍、自衛隊との共同医療支援

 HuMAは自衛隊と協力し「パシフィック・パートナーシップ2010」という名前のもと、アジア太平洋地域での友好と医療協力に寄与するため、ベトナムとカンボジアにおいて自衛隊医官と共に医療支援活動を実施しました。

この「パシフィック・パートナーシップ2010」は、2007年からアメリカ軍が東南アジア地域を中心に医療活動をしているもので、今回自衛隊も初めて輸送艦「くにさき」を現地へ派遣し、米軍と自衛隊、NGOによる共同の医療支援活動を実施しました。
HuMAもこの趣旨に賛同し、ベトナムに6名、カンボジアに8名の計14名を派遣しました。特にHuMAとしては自衛隊の医官との協力により、災害医療支援における活動体制の強化を図ることが出来たと思われます。

@派遣国、期間:
 ・ベトナム(5月30日〜6月13日)クイニョンにて医療活動
   医師2名、看護師4名の合計6名
 ・カンボジア(6月14日〜6月29日)シアヌークビルにて医療活動
   医師4名、看護師4名の合計8名

A活動内容:
  ・それぞれ現地の学校を借り切って診療所を設置し、そこで地元の住民を対象に内科、歯科等の治療を行いました。

★本事業の活動レポートです。★レポートへ


パシフィック・パートナーシップ2010パシフィック・パートナーシップ2010

2010年5月17日自衛隊およびNGOメンバーは総理官邸に招待され鳩山前総理より激励を受けました。

(写真左:5月総理官邸にて鳩山前総理より激励を受けるHuMAメンバー・写真右:自衛隊、NGO、総理、防衛大臣と記念写真)

ベトナムでの写真

地元住民たち 診療風景
診療に集まってきた地元住民たち 自衛隊医官と共に診療中
診療風景 ぬいぐるみも診察
血圧測定する看護師 子供の要望でぬいぐるみも診察しました
「マーシー」 地元の子供たちとHuMA看護師」
アメリカ軍の病院船「マーシー」 地元の子供たちに折り紙を教える看護師

カンボジアでの写真

地元住民たち 歯科診療
診療に集まってきた地元住民たち 地元住民への歯科診療
「くにさき」 診療風景
自衛隊の輸送艦「くにさき」 住民を診療するHuMA医師
「HuMA」ワイン 子供とHuMA看護師
カンボジアで見つけた「HuMA」というワイン カンボジアで子供をあやす看護師
このページのTopへ Copyright 2003 Humanitarian Medical Assistance all right reserved.