ホーム お問い合せ サイトマップ

HuMAの活動
2019九州北部豪雨災害の被災者に対する保健・医療支援


報告書 

活動日:2019年9月1日
主な活動場所:佐賀県杵島郡大町町

大町町総合福祉保健センター 美郷(避難所)
杵藤保健福祉事務所(杵藤地区保健医療調整本部)

本日の活動概要
会議出席、窓口担当などロジ関連の活動を行った 。

本日は、HuMA看護師は杵藤地区保健医療調整本部の会議に出席、医師は美郷(避難所)で医療関係者会議(大町町保健医療チームミーティング)に出席し、昨夜の状況、課題、本日の活動方針を話し合いました。

医療ニーズは少ないので、避難所運営のロジ関連の活動を行いました。外部団体の支援や炊き出し支援申し出の窓口をHuMAが行うことになりました。HuMAが話を伺い担当部署に話を繋げることで、行政担当者の負担を軽減します。また外部支援団体の調査や、院長・医師来訪の対応なども行いました。

避難所運営会議もありましたが、会議には避難住民がまだ入っておらず、まだ避難住民と一緒に避難所を運営するという段階には来ていないような印象でした。昼間は家の片づけで忙しいそうです。

避難者の生活状態は、水・電気・トイレに問題なし。食事は調理室の手作り、自衛隊の炊き出しなどがあり良好です。明日は避難所運営の組織図作りを通して、運営を改善するように提案していく予定です。




皆様の御支援宜しくお願い致します。
詳しくは左記メニュー「寄付のお願い」をご覧ください。

このページのTopへ
Copyright 2003 Humanitarian Medical Assistance all right reserved.