ホーム お問い合せ サイトマップ

HuMAの活動 2018西日本豪雨災害被災者医療支援


二次隊 報告書

活動日:2018年7月18日
主な活動場所:岡山県倉敷市(真備地区)

本日の活動概要
香川日本赤十時派遣の医療チームと交代制で診療。トレーラーでの夜間診療も行った。

本来であれば、本日の昼診から診療所をトレーラーに移行する予定でしたが、残念ながら空調設備が間に合わず、中は蒸し風呂のような状態。仕方なくこれまで通り薗小学校の教室で診療を行いました。

14時から薗小学校で支援を行っている団体全体での会議に出席。各団体が活動報告などを行い、全員で情報を共有しました。校長先生が全体の意見や情報をまとめて、これからの方針を的確に立てておられた様子が印象的でした。

会議後に避難所に戻ると、15時前でしたがまだ患者が並んでいました。しかし日赤の方々だけで十分に診療は回っていたため、HuMAは夜診の設営に回りました。トレーラーには家庭用エアコンが設置されており、快適な環境が整えられていました。16時ごろには昼診もほとんど終了していたため、日赤の方と撤収作業を行いました。昼診は合計18人でした。

17時からの夜診はピースウィンズジャパンの医師も加わり、2診を3名の医師で交代しながら行いました。前日同様、片付け作業後に受診される方が多く、この時間に診療してもらえるのはありがたいとの嬉しい意見も頂きました。トレーラーでの夜診は避難所近隣の自宅避難者に評判が良いようです。また前日NHKで夜診の報道があったためか、テレビ局や新聞社の取材の方が多数来られて診察風景などを撮影されました。19時ごろには外に列ができるほどの受診希望者がありましたが、20時には患者もいなくなったため予定通り20時に診療を終了しました。受診人数は18人と前日より増加し、昼診と同数の患者さんが来られたことになります。徐々に夜診の存在の認知が高まったように思われます。しかし待合(トレーラー横のテント)が暑い、蚊が多いなどの問題点があり、受診をやめたというような患者さんもおられたとのことで、今後改善していきます。

昼間は蜂窩織炎疑いで病院受診をお勧めするような方を早期に発見し、また夜診では左下肢浮腫患者を倉敷中央病院の医師に引き渡しました。災害地での診察の有用性を感じられるような場面が多くあった一日でした。


香川日赤チームとの顔合わせ会議 避難所内で診察を待つ患者さんに問診


トレーラーでの診療中、取材が入る 夜診を待つ患者さんたち


このページのTopへ
Copyright 2003 Humanitarian Medical Assistance all right reserved.