HOME ホーム お問い合せ サイトマップ

HuMAの活動
2017ミャンマー避難民人道医療支援のための初動調査

2017ミャンマー避難民人道医療支援のための初動調査
ミャンマーの西部地域に住む住民はミャンマー政府から迫害を受け、隣国バングラデシュへ避難を開始し、その避難住民はおよそ50万人近くに上っている模様です。そして多くの避難住民が劣悪な環境のもと避難生活を送っているようです。HuMAは初動調査隊を現地に派遣し、医療支援活動のニーズ調査、また現地での医療活動の状況等を調査し、次期本隊医療支援活動の必要性・可能性のチェックを重点的に行います。今回の派遣では、同じNGOのピースウィンズジャパンと現地で連携して11月11日より調査を開始しました。


<11月16日 初動調査隊が無事帰国。皆様のご支援を引き続きお願いします!>
現地では、地元の病院やWHO、すでに支援を開始しているNGOのご協力のもと、様々な情報を頂くことが出来ました。初動調査隊の報告に基づき、避難民の方に役に立ち、さらに地域や避難民の方に負担や迷惑をかけない支援の形をこれから検討していきます。初動調査はHuMA自己資金で行いました。我々の活動は会員の皆さまやその周囲の方々のご寄付で支えられています。皆様のご協力を引き続き宜しくお願い致します。


<HuMAの活動>
調査隊(医師1名)の活動の様子は こちら
【HuMA派遣期間】 2017年11月11日(土)〜11月16日(木)
【主たる活動場所】ダッカおよびコックスバザール(避難所現場)
【派遣の目的】
(1)ミャンマー避難民に対する今後の医療支援活動におけるニーズの調査
(2)今後の医療支援に関するカウンターパートの確認
【派遣人数】 医師1名
【事業内容】 
(1)ミャンマー避難民の避難環境、公衆衛生の状況および次期本隊医療支援時の必要な医療支援活動についての確認
(2)現地医療機関等とのカウンターパート関係の構築


 HuMA Facebookでも報告を掲載しています


このページのTopへ
Copyright 2003 Humanitarian Medical Assistance all right reserved.